みて、ふれて、感動できる
自然体験ゾーン
  こもれ陽の郷


草花のしらべ、木々のいぶき、野鳥のさえずり、小川のせせらぎ

 森に遊び、かぜにまどろむ、自然と夢を満喫できます。


ようこそ植物園
日当たりの良い小高い山の斜面にはいろんな種類の花木が自生しています。
せっかくその土地に根付いたものですから大切に残しました。
自然そのまんまを満喫してください。
・山火事防止のため、園内は火気厳禁とします。
・樹木に傷をつけないで下さい。
・ゴミは各自お持ち帰り下さい。
・入園される方はいたやフロントでお申込下さい。


ようこそ植物園「チサの木」
チサの木 まるで釣鐘のような形で白い小さな花が無数にぶら下がっている。「チサの木」はよくしなる事から、石屋さんが「げんのう」の柄にしたそうな。石を砕くのにしなり具合が弾みをつけるようだ。
見頃は5月中旬から下旬。


ようこそ植物園「鬼ヤンマ」
オニヤンマ けたたましい蝉時雨の林の中に足を運ぶと、蝉が体当たりしてくる。心和む小鳥の鳴き声、花を求めて飛び交う蝶々、木の枝で休息するトンボ。100種くらいの昆虫が生息するものと思われ、30分もいれば10種くらいは簡単に見つけ出すことが出来ます。
お客さんの問いかけも多いので、リストの整理を急ぎたい。せっかくだから海と川辺と山。すべての生物のリストアップ。なかなか大変な作業ですがボランティアの協力も得られそうなので推し進めます。
冬を除くシーズンを通して観察できる。


ようこそ植物園「ネムの木」
ネムの木 鶏冠のように赤い花を付けた花木を見つけた。聞くとネムの木だという。懐かしく合歓の郷を思い出したが、葉っぱを揉むと泡立つのでシャンプー代わりに頭を洗ったそうだ。大きな財産を手に入れた気分で是非とも残そうと思った。
チェーンソーを使って手当たり次第、雑木を切り倒すのにも神経を使うようになった。イチョウや紅葉は何処にでもある。あえて植樹しなくてもここに根付いたものを残そうと方向転換した。
見頃は7月初旬。


ようこそ植物園「山あじさい」
ようこそ植物園 日当たりの良い小高い丘の梅園、「こもれ陽の郷」に野の紫陽花が自生しています。
梅園の両隣には杉林が生い茂っていますが、その木立ちの下に可憐な花を咲かせ、幾株にも広がっています。
谷川のせせらぎや散策道がトンネルの土捨て場になった時には落胆してしまいましたが、再整備し「ようこそ植物園」構想をスタートさせます。
まずは紫陽花を覆っている雑木を切り落とし、株がどんどん広がるよう工夫しました。この秋にはやまぶきや石楠花、イチョウやもみじ、栗、山椒などの花木を植樹する計画で、来年の春にはお客さんをご案内できるよう整備出来ると思います。
乞うご期待を。
見頃は6月初旬から6月下旬。


蛍のイルミネーション
蛍のイルミネーション 村の鎮守、春日神社の前を田んぼの用水が流れていますが、水路に覆い被さるように笹薮が生い茂っています。
蛍の成育には環境が整ったようで蛍の乱舞が見られます。手を差し伸べれば甲の上に止まり、竹笹に群がる様はまるでイルミネーションです。
6月中旬から7月上旬まで鑑賞できます。。


林道ウォーク

山の尾根伝いに林道を歩いてみてください。
左に若狭湾、右に田園風景を望み昔、人が行き来した「里売り」の文化に思いをはせながら野花も観賞できます。
数ヶ所に見晴らし台や公園も整備されていますので弁当持参でのんびり構えるのもいいでしょう。
当館から所用時間3〜4時間で一周できます。

いたや

 
→→
国道162
登り口

(15分)
→→
広域基幹林道
公園

(2時間)
 
いたや

(30分)
←←
国道162
志積集落

(1時間)
←←
 
休憩

 


梅の収穫体験
梅の収穫体験が出来ます。 入園料は無料で袋に採っただけ市場卸値(1キロ200〜300円)で持ち帰れます。梅干しや梅酒の加工に挑戦してみてください。

体験期間:6月10日〜6月25日
入園料金:無料
準 備 物:収穫袋、軍手、運動靴

宿泊や昼食の予約とあわせてご予約お願い致します。
山菜採り
同梅園では、4月下旬〜5月中旬にかけてワラビや山ブキ等の山菜採りが楽しめます。
入園は無料ですが、当館にお申し出下さい。(軍手、運動靴、日除け帽をご用意下さい。)


天然水族館での波止釣り

観光漁港として整備されている阿納の漁港もかなり進捗し、階段や手すりのついた立派な防波堤が完成しました。春から秋にかけて天然魚に挑戦する太公望が大挙押しかけています。水温がまだ低い4月はたまにメバルが、5月になれば投げ釣りでキスが狙えます。
昨年よく釣れたアオリイカは6月から10月いっぱい楽しめそうです。8月は小アジ、サヨリが入れ食い状態で、たまにセイゴなんかも狙えます。

入場料(美化協力費):500円(車の場合)
ゴミの持ち帰りにご協力下さい。


梅の木オーナー募集
梅の木のオーナーになってみませんか。
勿論整枝剪定や消毒等の管理はこちらが担当いたします。収穫して頂ければその木になっただけすべてもって帰れますが、これない場合も最低保証20キロを宅配させて頂きます。オーナー料は一本一万円です。
早いもの勝ちで日当たりの良い、又樹勢の良いものから名札をつけさせていただきます。

お申し込みは電話(0770-54-3001)又はメールで。


農作業体験
  畑の小石を拾っていただけませんか?
・梅園を耕し小石を拾う軽作業です。(軍手またはゴム手袋を準備してください)
・作業時間一時間につき、大人¥1000、小学生¥500宿泊料金を割り引きさせていただきます。




8733


ホームへ戻る